無料 ゲーム テトリスを使えるようにしました。
 パズル系で世界的に有名ですね。
 次のURLから無料 ゲーム テトリスを使用できます。

無料 ゲーム テトリス

   ↑↑音楽で気分を盛り上げます!

無料 テトリス パズルゲーム


無料 ゲーム テトリス

DS


テトリスDS
     任天堂
  プラットフォーム:      任天堂
 プラットフォーム: Nintendo DS
 (110件のカスタマーレビュー)
 参考価格: ¥ 3,800 (税込)
 価格: ¥ 3,230 (税込) 1500円以上国内配送料無料でお届けします。
   (一部大型商品は除く)!
  詳しくはこちら。代金引換、コンビニ・ATM・ネットバンキング払い、
Amazonショッピングカード?でもお支払いいただけます。
OFF: ¥ 570 (15%)


    ネット上で、 次の会話が聞かれます。

(Q1)  テトリスの楽しみは、何でしょうか?


 単純ですがやはり面白いですね。
ビックリする程面白いわけではないけれど、暇つぶしには良いです。
テトリスの醍醐味はやはり対戦でしょう。
1つのソフト(カード)で10人まで対戦できます。
さらにWi-Fiにつなげれば、世界中の人と対戦することができます!


(Q2)   さらに、良い点がありますか?


 機動も早いので、ちょっとした待ち時間にプレイできる手軽さが好きです!
いつでも気軽に出来るのは、やっぱりいいです。
値段も安いし、買って得しました。


(Q3) 携帯でも出来ますけど?


携帯でやっていたからすぐ飽きるかなと思ってやり始めたら、もう止まらない。
操作性、モードの多さ、落ちる速さも最高です。
ハマります。携帯テトリス世代の人は、DS版でもハマってしまいました。
暇な時の時間つぶしにはもってこいです。
買って損とは思いません。
携帯ゲームといえばやっぱりテトリスですネ!
操作方法は昔と変わらずで、買ってすぐに楽しめます。


(Q4) wi-fi環境については、どう思いますか?


このゲームに興味がある人でwi-fi環境あるなら間違いなく損はしないと思います。
とにかく対戦が熱くムンムンしています。
携帯アプリで満足してる人にこそやって欲しいです。
きっと、世界が変わりますよ。
WiFiに接続する場合、熱い戦いなので、時間を忘れます!
テトリスDSをプレイするならばWiFi推薦ですネ!
ハマり過ぎて夜が明けてくることも幾度かあります。
つなぐだけでたくさんの人と通信でき、ハマります!!
世界中の人々と対戦ができて楽しいです。


(Q5) さらに、良い点がありますか?


BGMでゼルダの曲が聴けます。
また、マリオの曲が聴けるため、昔を思い出しながらできます。
苦手だったのですが、BGMのおかげで楽しめました!!
少しの時間でもできます。
また、いろいろなレベルがあって、それをクリアしたときの爽快感と達成感はなんとも言えませんネ!


テトリスの気持ち良さは、長い棒がやって来るときですネ。
主に次の場所や機種、サイトで遊べます。
(1)サイト
無料 ゲーム テトリス
(2)DS
世界的名作「テトリス」のニンテンドーDS版。
ローカルでのワイヤレス通信は最大10人。
ニンテンドーWi-Fiコネクションでは最大4人までの対戦が可能。
テトリスDS
出版社/メーカー: 任天堂
発売日: 2006/04/27
メディア: Video Game
(3)飛行機
JALで
(4)携帯電話
有料のサイトG-modeが人気です。
また、次のURLからモバゲータウンへアクセスできます。 無料です。
無料 ゲーム

テトリス Wiki の要約です。

元々は科学者アレクセイ・パジトノフ
(Алексей Пажитнов、en:Alexey Pajitnov、
英国名 Robert Richard Rutherfurd)が
教育用ソフトウェアとして開発したものである。
その後、ライセンス供給が様々なゲーム制作会社に対してなされ、
各種のプラットフォーム上で乱立する状態になった。
ゲームボーイ版は、「いつでもどこでも好きに遊べる」という点で大人気となり、
国内出荷本数約424万本と、ゲームボーイ最初期のタイトルながら、
ゲームボーイソフト単体での史上売上1位を記録。


ぷよぷよ

参考までに、人気のぷよぷよを紹介しました。

ぷよぷよ wikiの要約です。
落ち物パズルゲームブームが生まれ、多く出された。
そのような時代にパズルゲームの中の一つである。
その為、メガドライブ版の『ぷよぷよ』では取扱説明書に
「もともとオリジナリティのないゲームです(苦笑)。」と書かれている。
その後、コンピュータRPG『魔導物語』のスタッフが関わり、
ドミノをぷよという魔導物語に登場する魔物に置き換え、それに形で開発された。
出たのは、1991年10月25日に発売されたMSX2版とディスクシステム版
(発売は徳間書店インターメディア)。
その後、画面・サウンド・モード・操作性などに改良を対戦モード
「ひとりでぷよぷよ」が追加されたアーケード版とメガドライブ版が発売
(ともに発売はセガ)。
テトリスと並ぶ落ち物パズルゲームの代名詞となった。
シリーズが数作、その他にも作品が多数登場した。
アーケードとドリームキャストでは
リズム系の『ぷよぷよDA! -featuring ELLENA System-』も出ている。
難易度が徐々に上昇する中でどれだけミスをしないで長時間続けられるかを競う
「自分自身との戦い」の要素が大きかったが、
本作ではCPUの操るキャラクターや他のプレイヤーという
「対戦相手との戦い」がテーマとなり、
ゲームセンター等で対人対戦が盛り上がることとなった。


次に、ネットの口コミを紹介しました。

ぷよぷよの方が好みだった私は、テ ト リ スを遊んだ経験がありませんでした。
少し不安を抱えながら買ったんですが、やってみたらなんとも面白いです。
頭を使いながら消してくので脳にも良いし、ストレスを溜めることなく遊べます。
まさに一石二鳥だと思いました。
暇な時、年齢関係なく楽しめると思います。

これだけ長くプレイされているものも無いのではないでしょうか?
パズルゲームの王道です。
DSならではの特典としてネット対戦が出来ます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。